2017.5.29

帯広通信 vol.06

こんにちは!千葉写真館の長女Miです。 北海道十勝地方の帯広市で大学生をしています。 
暑くて寒い、帯広での穏やかな日常をお伝えします。 
 
 
今回は、毎回書いているこの一文「暑くて寒い」に関連しまして、気温について思うことをタラッと綴ります。
 
 
さて、こちらもだんだんと気温が上がってきました!春をすっ飛ばし、夏の準備に入っています。
 
「暑くて寒い」と書いたのは
夏と冬の気温差がスゴイからです。
 
年間で、最低気温は-20℃、最高気温は40℃近くなることも!北海道なのに!
 
その温度差はなんと60℃!!
 
暑くて、寒いんです。
 
そのほか、こんな感じで↓↓↓
 
 
 
●服について
 
朝は、肌寒く上着が欲しいですが、日中は本当に暑いです。1日の気温差が大きく、暑くて寒いんです(2度目)。
 
(北海道民は暑さに弱い気がする…?彼らはすぐ半袖になります。※個人の見解です。)
 
私は、ガチガチの防寒ジャンパーか、ペラペラのカーディガンかの両極端な上着しか持たないまま、帯広住民歴3年目に突入しました。
 
暑くなる日は、半袖を着用し、もし寒かったら筋トレをして体温調節しています(半分ホント)。
 
「スプリングコート?なにそれ、美味しいの?」
 
「要らないよ、んなもん(笑)」
 
これは音更町出身の友人の言葉です。
音更町は、帯広市の隣にあります。ネイティブ北海道民ですね。
 
さすが、『試される大地』で育っただけあるな…
 
 
 
●車について
 
「タイヤ交換はGW明け」という教えを忠実に守り、2週間ほど前にタイヤを交換しました。
 
これはネイティブ帯広市民からの、ありがた~~い教えです。
 
遅くないか?と、思いますよね。
でも、そんなことなかったです。GW直前、4月末に雪が降りました。
 
「ンまじか?!!」
 
これは、4月中旬にタイヤを変えてしまった友人の言葉です。最近車を手に入れた彼は、沖縄出身でした。
 
北海道民「甘く見ていたな?( ̄▽ ̄)」
 
そもそも、沖縄に「タイヤ交換」という習慣はあるのでしょうか。
 
その後の彼ですが、車に乗ることを自粛し、雪をやり過ごしたようです。
 
 
 
 
 
とりあえず、暑すぎるのは勘弁してくれぃ…
 
大学3年目の夏、始まりま~~す!